AttsuBlog

ATTSU INC. Official Blog

スタッフブログ

DSC02490
0 comments

人生の意義

高校時代、まともに授業を受けてなかったため何を習ったかはほぼ覚えていないですが(吉本先生、ごめんなさい!)、今だに強烈に心に残っているお話が1つだけあります。

それは司馬遼太郎先生の「無名の人」という作品です。

なぜそれが魂を揺さぶって心に残っているかはよく分かりませんが、その頃「なぜ生きるのか、生きるということはどういうことなのか」と生き方についていろいろ考えることが多かったことが理由の一つだと思います。

その「無名の人」の舞台は幕末、主人公は医者であり幕末の志士でもあった所郁太郎という若者のお話です。

(さらに…)